一般社団法人 栃木県建築士事務所協会

mainvisual
ホーム » 協会概要 » 会長あいさつ

会長あいさつ

日事連創立50周年に向けて

一般社団法人栃木県建築士事務所協会 会長 佐々木宏幸

 今年の6月より第11代の本会会長に就任させていただきました佐々木です。

 私は、建築に携わる者は、個人であれ企業であれ団体であれ、常に建築の質の向上を目指すことが普遍のテーマと執え協会運営に当っていきたいと思います。基本的には、本澤前会長が掲げた方針を踏襲するとともに、「持続とは変化すること」という信念に基づき目的達成のためにいかに活動するかを考えていきたいと思います。6月から会員の皆様にお願いした全員参加型の委員会活動及び自主管理につきましては一定の成果を上げ、委員会参加者は倍増しましたが、まだ全員とはいきませんので毎年参加を呼び掛けていきたいと思っております。

 又今年度から建築士会とJIA栃木クラブからの理事参加を果し、今後更に建築関連他団体との連携強化、情報の共有化を推進していきたいと考えておりますのでよろしくお願い致します。

 我々栃木会は、今年で創立57周年を迎えますが、日事連は創立50周年と我々より年月が浅く、先頃日事連の創立50周年記念の全国大会がありましたので、近頃の設計業界事情と合せご紹介しておきます。現在全国の建築士事務所数は約110 , 000社(ピーク時133,000社)で内15,000社(13%)が日事連単位会に属しています会員の93%が一級建築士事務所です。又45%の開設者が建築士ではないのが現状で専業事務所は60%に留まっています。日事連の歴史(取組み)は、昭和37年僅か14の建築士事務所の団体で設立されました(全事連:日事連の前身)。

 翌年「資格法(建築士法)と業法の分離」「建築士事務所団体の法定化と団体への強制加入」の二つの重点施策を特別決議として採択しました。昭和47年「建築設計監理業法案要綱」を公表、議員立法を目指しましたが、一部の建築界のコンセンサスが得られず国会提出を見送りました。平成3年には「日事連建築設計監理業法案要綱」を取りまとめ、その後法案要綱の作成・改訂を続け、法制化を訴えましたが認められず平成7年阪神淡路大震災を機に建築士法の一部改正(書面の交付、事務所団体の指定)等に貢献、平成17年の構造計算書偽装事件を受け「日事連建築士法の抜本改正」の提言を公表、平成18年の建築士法・基準法の改正により資格(構造一級、設備一級)、事務所の規定(管理建築士、重要事項説明、再委託の制限、団体の法定化)等の充実を果たしました。その後建築基本法制定を求める声が高まる中で国交省補助事業「建築の質の向上の関する検討」において建築士事務所法の必要性を提案、平成24年には新法制度検討WGが「(仮称)建築士事務所法の提案」を取りまとめ、現在精力的に国、各建築団体と協議を重ねて建築界のコンセンサスを得る活動を続けております。日事連の50年は、建築設計監理業の業法の確立を目指す運動の歴史であったといっても過言ではないでしょう。

 我々栃木会は、上部団体である日事連の活動を単位会として支えていく必要があります。建築士事務所法の制定のためには、一番の課題である入会率のアップ、すなわち会員増強が必須となってきます。そのために我々は会員数350社(現在176社)を目標に会員増強を図り建築士事務所法の制定を実現させなければなりません。建設業には建設業法はあり、しかし我々設計業界には建築士法しかありません。業に関する法律が、独立して存在していないと、設計事務所に関する全ての業務をカバーすることはできません。この法律のポイントは「書面による契約の義務付け」「無登録業務の禁止の拡充(建築士事務所でなくとも現在は設計・監理業務ができてしまう)」「不当に低い業務報酬の契約の禁止」「建築士事務所協会への入会の義務化(団体の自律的監督体制による建築主の保護)」等であります。成熟化が進む現代では量から質への転換や、価値観の多様化に伴い、最低基準としての建築基準関係規定への適合だけでなく、それぞれの価値観に基づくより質の高い固有の要求を満たすことが建築主に強く求められるように変化してきており、又昨年3月に発生した東日本大震災は国民の生活に重大な影響を及ぼすと同時に、想定に基づく設計基準への信頼、安全に関する意識にも大きな変化をもたらしました。さらに業界的にはBIMの確立によるデザインビルドに対する対応、CASBEE(建築環境総合性能評価システム)の普及等に我々は的確に対処していかなければなりません。このような状況下にあたって、安全が確保された、質の高い持続可能な建築やまちづくりに重大な役割を果たす建築士事務所の法的位置づけを明確にすると共に、建築主と理念を共有し、共に造り出すという時代が求める枠組みとして建築士事務所法(業法)のいち早い制定を目指し鋭意取り組んでまいりますので会員の皆様よろしくお願い致します。